●ホームへ

 現在、牛久市民吹奏楽団では新しい仲間(特に打楽器奏者、ホルン奏者、テナーサックス奏者)を募集しています。

 定期練習日は土曜日の午後6時から午後10時。基本的に1週間に1日だけです。 臨時練習は1年に1日あるかないかという規則正しいスケジュールになっています。

 当楽団は「牛久市民吹奏楽団」という名称ですが、牛久市民ではない人も高校生以上で、打楽器を除いて原則として楽器を練習に持参できる方ならどなたでも入団できます。 前もって見学の申込みや連絡なども特に必要ありませんので、入団希望の方も、見学だけという方も直接練習場所(牛久市中央生涯学習センター2階音楽室)へお越し下さいませ。 気軽に音楽室のドアを開けてくださいネ。 (ちなみに音楽室のドアは「引く」ではなく、「押す」です。さらに、ドアノブが縦になっていては開きません。横(実際には「斜め」にしてから押してください。)
※ひたち野うしく小学校で練習をすることもあります。ひたち野うしく小学校での練習の場合は、申し訳ありませんが、施設の都合上、見学はご遠慮ください。

練習日って具体的にいつ? → ココをクリック

練習場所は具体的にどこ? → ココをクリック

 「入団するかどうかはまだ全然わからないけどとりあえず見学だけ・・・」なーんて人も気兼ねすることなく見学することができます。入団するかどうかは後からでかまいません。

 「知ってる人がだれもいないし、どうしようかな・・・・」と悩んでいるあなた! そんな心配無用です。すぐに仲間にはいれます。というか、そんなことは気にせず合奏に参加できます。

 見学には、できたら楽器を持参してください。それと、譜面台を持っている人は譜面台も持ってくるととても便利です(当楽団所有の譜面台はありませんので、練習では各自持参することになります)。見学に来たその日に合奏に参加できるというのが当楽団のひとつの特徴でして、みなさんそうしていただいています。もちろん楽器なしの見学だけでもかまいませんが、どうせなら一緒に牛久市民吹奏楽団の合奏を体験してしまいましょう!

 質問のある方は、メールや掲示板を利用してくださいませ。


    

練習時間は・・・・

  土曜日の午後6時から午後10時まで(夜で〜す)

となっています。これは練習場所の牛久市中央生涯学習センター音楽室を使用できる時間なので、実際には午後6時を過ぎてから団員が徐々に集まりだして、合奏は午後6時50分頃から始まり、9時30分頃に終わります。合奏終了後は簡単なミーティング(連絡)があって、後かたづけをして使用時間内に部屋を出なければなりませんので、だらだらと練習時間が延びるということは絶対ないのです。

 「毎週土曜日は出席できないなぁー」と、お悩みのあなた。それは毎週練習に出席できるのが理想には違いありませんが、何かの都合で休みがちになってしまうことが予想されても、やる気さえあれば問題ありません。いや、まったく問題がないかといえばないわけではありませんが、現にそういう状況の団員はたくさんいます。どんな形であれ、吹奏楽から離れてしまうよりは続けて欲しいと思いますし、続けられるバンドなのです。牛久市民吹奏楽団は!

 管楽器もそうですが、打楽器は特に1人ではどうしようもないですよね。バンドに入ればプレーを続けることができます。吹奏楽の合奏だと、ついつい指揮者から無視されるというか、合奏中に相手にしてもらえない場合が多いパーカッションパートですが、牛久市民吹奏楽団はそんなことありませんよ!

 
練習内容は・・・・

 練習は、ウォーミングアップの時間を除くと、すべて合奏です。パート練習や個人練習の時間は定期練習の時間中はまったくないといっていいでしょう。練習内容もなるべく無理のないように、なるべく楽しめるようにやっているつもりです。(つもりだけだったりして?! いやいや、そんなことはない!)

 入団するにあたって、オーディションはありません。

 まったくの初心者でもやる気さえあれば入団可能です。でも、練習時間はすべて合奏なので、時間内での個人的な指導は望めませんから、ある程度音が出るようになってから入団しても遅くはないと思います。


  

本番のステージは・・・・

 定期演奏会は毎年1回、6月か7月頃に牛久市中央生涯学習センター文化ホールで開催しています。構成は、2部構成で、第1部がクラシック・オリジナルステージ、第2部がポップスステージです。ずーっと昔に3部構成でやったこともありますが、ここのところこの2部構成に落ち着いているといったところです。

 定期演奏会終了後の夏から秋にかけては、「かっぱ祭り」「文化祭(シビックコンサート)」「招待演奏」などの行事があり、演奏する曲はその行事に合わせてポップスが多くなります。年に1度、ダンスパーティーでも演奏しています。

 今まで一度もコンクールには出ていません。ですから「コンクールに出て良い成績を取りたい!」という方には無理に入団は勧めません。残念ですが、他の楽団をあたった方が良いと思います。でも、コンクールに出なくても音楽はできますよ。現に団員の中にも学生時代は【コンクール命】だった人が何人もいますから。はい。

  

団費は・・・・

 気になる費用は、団費が毎月1,000円。これだけです。

 ここだけの話、とある吹奏楽団では、入団するときの入団金が3,000円で、毎月の団費が2,500円で、演奏会のチケット・ノルマが年間10,000円で、入団すると団指定のブレザーを購入しなくてはならず、それが14,000円というところもあるみたいですが・・・

 牛久市民吹奏楽団は、入団金なし、チケット・ノルマなし、指定のブレザー購入なし、団費が毎月1,000円。これだけです。この団費、めちゃくちゃ魅力的だと思いませんかぁ〜!

 まれに、団員全員でポロシャツなどの衣装を購入することもありますが、もし、あったとしても1,000円ぐらいです。

管楽器は1人よりも、合奏した方が断然面白い!

続けよう 管楽器! あっ、打楽器も!

  

ホームへ
inserted by FC2 system